« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

「SP」の撮影とRed Bull ガール

早朝から映画「SP」のロケ撮影。

天気が晴れて良かった。

春田純一さんと野間口徹さんとご一緒させて頂いてまして、共演はもちろんのこと、色々なお話も出来て本当に嬉しい限りです。

スタッフの皆さんも気さくで良い方ばかりの現場。

そんな撮影の合間にロケバスで待機していたところ、いきなりRed Bull ガールが現れて驚いた。

Image726_2

明るい笑顔で

「どうぞー!」

と、Red Bullを配ってくれたガール。

Image725_2

ケータリングだと思ったらそうではなく、偶然通り掛かったそうです。

窓から外を見たら道路には、派手なRed Bull カーが停まっていた。

「飲んで30分したら羽根が生えてきます」

とのことだったので飲んでみましたが生えてきませんでした。

でもおいしかったです。

ありがとう、Red Bull ガール。

2010年1月25日 (月)

「やつらは多分宇宙人!」

今週の土曜日の深夜に、わたくしが脚本を書いたドラマが放映されます。

BSフジの「やつらは多分宇宙人!という30分ドラマです。

ドラマの脚本、わたくし初めて書きました。

このような機会は最初で最後で、もう二度とないことかもしれません。

いえ、もちろんこれで最後でないほうが嬉しいですし、今後もあったならありがたいのですが。

とにかくお時間ございましたら是非ご覧ください。

わたくしの拙い脚本はともかく、キャストの皆さんが魅力的です。

ちなみにわたくしが書いたのは第4話のみです。

お馬鹿な感じでちょっと笑えると思います。

多分。

どうぞお見逃しなく。

******************************

◆テレビ脚本◆

BSフジやつらは多分宇宙人!

2010年1月9日スタート 全10話 

第4話「息子は多分反抗期!」

1月30日(土) 23:25~23:55 【再放送】1月31日(日) 26:15~26:45

キャスト

谷村美月 馬場徹 井之脇海 錦野旦(特別出演) 原千晶 嶋田久作

監督 宮城広

脚本 松本たけひろ

あらすじ

万丈の反抗期につられて、謎美や広大までもが反抗期宣言をしていく...。

相変わらず帰って来ない弟・呂葉守(ろはす)(井之脇海)とコミュニケーションを図ろうと電話をする寺野絵子(えこ)(谷村美月)。
そんな頃、勉強をしていた万丈(馬場徹)が気晴らしに付けたテレビからMr.NISHIKINO(錦野旦)が現れ、万丈に「今の君に必要なものだ」と1冊の本「理由ある反抗」を手渡す。
次の日、ガムを噛み「サングラス」「派手なネックレス」「赤いTシャツ」の不良ファッションに身を包んだ万丈が、広大(嶋田久作)と謎美(原千晶)の前に現れる。
万丈は、本当の大人になるため、自ら反抗期を迎えていたのだった。
反抗期を迎えて一週間、様子がおかしい万丈をサイコメトリーした謎美。
ついには、謎美や広大までもが、反抗期宣言をしてしまい...。

2010年1月24日 (日)

TSUTAYAでの悪循環

TSUTAYAにDVDを返しに行くと、特にお目当ての映画があるわけでもないのに店内をぶらつき、また何作か借りてきてしまいます。

しかも半額でない普通のレンタル料の日に毎回。

この悪循環を打破すべく、次回DVDを返しに行くのは半額デーにしようと決めました。

2010年1月23日 (土)

オム先生

漫画「モテキ」のキャラクターのオム先生って、映画監督の山下敦弘さんにそっくり。

オム先生、面白い。

2010年1月22日 (金)

マトリョーシカ

Image722

これはマトリョーシカ風のキーホルダーだった。

が、チェーンの部分が抜けてしまった。

なのでもうただの置き物。

一瞬ショックだったけど

「まあ、これはこれでありか」

と思い直した。

痛めた腰は治りました。

2010年1月21日 (木)

わかってますので

昨日の掃除の際、書類の沢山入った大き目の段ボールをクローゼットの上段に

「よっ!」

と無理して引き上げたせいで腰を痛めたようです。

時間差で痛くなったもので、原因を突き止めるまでにしばらく考え込んでしまった。

今日は午後からジョナサンで脚本の直し。

2時間ほど経ち、ドリンクバーで何度目かのお代わりをした際、15人くらいの奥様たちが会計の為にレジに集まり、まとめてではなく一人ずつで支払いをしているのを見て

「ああ、レジの人大変だな」

と思った瞬間、自分が家に財布を忘れたことに気づき、少しテンションが下がった。

が、とりあえず席に戻り、また執筆。

4時間ほど経ち、一段落したのでレジへ行き、若い女性店員さんに

「財布を忘れてしまったもので家に取りに帰ってもいいでしょうか、すぐに戻ってきますので」

といった旨を伝えると、若い女性店員さんは無表情で

「あぁ」

とだけ言い残し、店長さんを呼んだ。

俺が

「もしあれでしたらパソコンを置いていきますので」

とお願いしたところ、店長さんが

「あ、結構ですよ、わかってますので」

と、すんなり了解して下さった。

とてもありがたかったのだけど

「わかってますので」

とは一体なんのことだったのかと、ジョナサンと家を行ったり来たりしながら考えてしまった。

この数時間、店長として働きながら、ジョナサンにいた俺のことを観察した結果

「この客は財布を忘れても家まで取りに行ってちゃんと戻ってくる」

と判断してくれたのだろうか。

もしそうなら嬉しいけど、わかってます。

たぶん、ただのニュアンスです。

2010年1月20日 (水)

すっきりした

一昨日、友達と「アバター」を観て、噂の3D映像を体験。

目の前に飛んでくる爆弾を慌ててよけようとしたり、木の枝が邪魔で奥のほうが良く見えないぞと首を伸ばしたりして、3D眼鏡を掛けた自分の行動にいちいち苦笑。

乱視のせいか観たあとに少し頭痛がしたり、ストーリーに突っ込みどころがあったりはしたけど、3D映像の迫力を大いに楽しみました。

他のお客さんたちと一緒に「おおっ!」って驚いたりしたもの。

昔、ディズニーランドにあったマイケル・ジャクソンのキャプテンEO以来の3D体験でありました。

あと最近観て面白かった映画は「(500)日のサマー」。

最初から最後まで主人公の男目線で描かれた、男女間の運命と偶然に関する、独特な構成の作品。

主人公と同じような経験をしたことのある俺としては、深い共感と反省をして、確信と希望を得たのでした。

価値観って大切だなと。

音楽と衣装もお洒落で良かったなあ。

初めて知ったけど、主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットという俳優が素敵だった。

エドワード・ノートンに雰囲気が似てる。

いまいち名前が覚えられないけど。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット

名前に「=」が付くのってどういう意味なんだろう。

「ジョセフ・ゴードン」=「レヴィット」

「ジョセフ・ゴードン」でも「レヴィット」でも、どちらで呼んでもらっても結構ですよ。

そういうことなのかな。

たぶん違うだろうな。

ま、いいか。

今作が長編映画の初監督だったというマーク・ウェブという人は「スパイダーマン4」の監督もするそうですよ。

さて、今日は部屋の掃除をした。

要らない物を捨てまくったら気分的にもすっきりしました。

ではまた。

2010年1月18日 (月)

昨日一昨日と

昨日一昨日と映画「SP」のロケ撮影でした。

スタッフさんが沢山。

無意識に緊張していたみたいで、歩き方が宇宙遊泳のようになってしまって赤面しながらも、また色々と勉強になりました。

撮影の休憩時間に共演者の方たちとお話をしていて話題に上がった「アバター」を今日は観てきます。

ではまた。

2010年1月15日 (金)

年末気分とか正月気分とか

近頃のほとんどは、短編映画の脚本執筆ばかりしていました。

基本ジョナサン、たまにサイゼリアといった感じで、昼から夜まで近所のファミレスに居座って。

あと寒い中、気分転換の散歩も沢山して。

そして昨日、やっとのことで第一稿を上げたのでした。

うはー。

時間的な尺は今まで書いた中で一番短い脚本なのに、今までで一番の難産だった。

まだ監督のアドバイスを受けての直しが幾つかあるけど、正直ホッとしました。

大幅に執筆が遅れていた罪悪感のせいで、年末気分とか正月気分とか全く無かったし。

とにかく、一日も早く決定稿を上げるべく頑張ります。

ではまた。

2010年1月 2日 (土)

落とし癖

これは去年の12月、東京パチプロデュースの公演中のこと。

休憩時間に劇場のロビーでケータイをいじっていたのだけど、手元が狂ってポロリと落としてしまった。

が、ケータイが地面に激突するのを防ごうと、とっさに右足の甲で柔らかくトラップ。

しようとしたら力の加減を間違えて、あらぬ方向に蹴っ飛ばし、壁に強くぶち当ててしまった。

結果、マナーモードにしてもバイブ機能が働かなくなったのでした。

これ正直困っています。

修理に出せばいいのだけれど、なかなかそうもいかず、現状維持のまま。

そして今日。

デジカメを落とした。

今のところ故障した様子はないのですが、正直こわいです。

無事でいてくれと祈るばかり。

実は俺、良く物を落とすのです。

「実は」

をつけるほどのことではないのですが、ipodも何度か落としています。

電車から降りる時、線路に落としたりもしました。

そのせいかちょいちょい音が変な感じになります。

物だけならまだしも、このままだと俺、いつか結婚して子供が生まれた時に、抱っこした赤ちゃんを落とす父親になってしまうじゃないか。

ということで今年は落とし癖を治します。

2010年1月 1日 (金)

2010年の元旦

Image714

新年あけましておめでとうございます。

快晴で気持ちの良い朝でした。

今年は何か新しい趣味を始めたいな。

釣りとかやってみたい。

あと社会人としてちゃんとしたい。

色んな意味で。

皆さんにとって素敵な一年になりますように。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »