« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

さかのぼり日記

昨日。

土曜日の夜。

毎週参加しているワークショップへ。

@荻窪

いつも演出をされている木村好克さんがお仕事の都合でいらっしゃれなかったもので急遽、俺が演出を担当することに。

約5時間。

男女ペアの5組。

演技をビデオカメラで撮って、その映像を組ごとにチェックして、ディスカッションをはさんで3回ずつやったのですが、それぞれの組が回を重ねる度に良くなっていったと感じました。

俺も木村さんから渡されていた課題のシナリオの台詞を入れて準備はしてあったので、役者をやれず残念ではありました。

が、演出をする人間が不在だと、どうにも気恥ずかしいので辞退することに。

単純に俺の自意識の問題です。

しかし、同じような機会がまたあったなら、次は役者もやろうと思いました。

それはそれで、なにか発見があるかもしれない。

Dsc01747

一昨日。

金曜日の夜。

カメラマンの永田理恵さんと入交恵(マジリン)とごはんを食べました。

@新宿

先日のHARAKIRIベアーズ「燕のいる駅」でチラシを作ったチームだったので、そのお疲れ様の会であります。

我々はおよそ10年来の仲ですが、3人で揃って会うのは久し振りのことだったこともあり、お互いの近況や恋愛についての話で盛り上がりました。

ありがたいことに、俺が今取り組んでいる役について、すごく参考になる経験談を永田さんが話してくださった。

永田さんはいつも、俺にヒントをくれる人です。

ちなみに写真は俺のデジカメで撮りました。

2人とも、いい笑顔。

O0320024010241291278

その前々日。

水曜日の夜。

燕組の飲み会がありました。

@下北沢

当日に「急ですけど飲みましょうか」といったメールが届いたにも関わらず、やたらと集まりの良かった面々。

所属劇団である劇26.25団の稽古中なもので、参戦できなかった「しゃあない若大将」長尾長幸くん以外のキャスト全員と、演出助手だった「パスコ」こと蓮見理と、演出だった俺であります。

ちなみに写真は吉牟田眞奈さん(おまな)のケータイで店員さんに撮ってもらったもの。

酒井杏菜ちゃん(あんずちゃん)は相変わらず写りたがらない。

石松太一さんは相変わらず変態。

熊坂貢児はこのあとの到着だったもので、残念ながら写っておりません。

日焼けした熊さん、みんなに沖縄旅行のお土産をくれました。

わーい。

で、終電を逃した野村啓介さんと芹澤興人さんと俺の3人はカラオケで始発待ち。

のむさん、眠くなったらしく、最後のほうはソファーに横になり、マイクを持たずに歌ってました。

笑った。

カラオケ、最近好きなんです。

不思議と前よりも高い声が出るようになったし。

なんでだろ。

カラオケ後には3人で、松屋でごはんして帰りました。

えー、さらにさかのぼると、飲み会の前の昼間には、芹さんに「僕を撮ってください」と頼まれたもので、カメラマンとなって4時間ほど写真を撮りまくってました。

@小金井公園

撮った写真の数、なんと約900枚。

芹さんの一眼レフのデジカメを使ったのですが、これがまた撮ってて気持ち良かった。

ちゃんと「パシャ」って音がするのがいいんだよなー。

人を撮るのって楽しい。

芹さんが「松本さん、上手いですね」と褒めてくれたこともあって、一眼レフのカメラが欲しくなりました。

写真のこと、勉強してみようかな。

以上。

ここ数日のさかのぼり日記でした。

2009年8月24日 (月)

メタリック農家のワークショップ

お誘いを頂き、メタリック農家のワークショップに伺いました。

一昨日の夜のことです。

メタ農の作品は「癖」と「氷」と「針」を拝見しており、以前より好きな劇団だったもので、喜び勇んでの参加でした。

主宰の葛木英さんは作演出と役者もやられる方で、劇団での活動だけでなく、映像のシナリオなどでも幅広く活躍されています。

ワークショップでの仕切り、エチュードの設定、そして演出のそれぞれに感銘を受けました。

同じく劇団を主宰している身としては、見習うべき点が沢山。

そして今、役者をやることにモチベーションが高い俺としては、演じることに興奮しましたし、参加されていた他の役者さんたちの演技を見るのも興味深く、アップでやった名前鬼にも燃えました。

勝ち残れなかったけど。

むうー。

ちなみにエチュード、好きなんですけど、何年振りにやったかな。

しかし葛木さんから与えられた設定がいちいち面白く、センスを感じた。

今までやった中で一番かも。

俺のやったことはもうひとつだったけど。

ぐおー。

もっとパンチの効いたことがやりたかった。

悔しさと嫉妬は養分だ。

Image511

メタ農メンバーの古市海見子さん。

居酒屋で写メしてるところを写メ。

みみさんとはフルーチョの「雨とレインコート」で共演させて頂きました。

今回、俺が指名されたエチュードの全部で絡めたので嬉しかったです。

というか一緒にやってて、可笑しくて何度か笑いそうになってしまいました。

エチュードでやってたあの可愛い仕草、なんだか真似したくなる。

みみさん、激しい連投をお疲れ様でした。

格好良かったっす。

あと名前鬼の時、タッチをしようと向かってくるスピード、そして迫力が尋常じゃなくて驚いた。

重ね重ね格好良かったっす。

Image513

メタ農メンバーの酒井杏菜さん。

居酒屋で写メしてるところを写メ。

あんずちゃんとは、つい先日のHARAKIRIベアーズでご一緒させて頂きました。

実は「燕のいる駅」でキャスティングさせて頂いたのは、「氷」のあんずちゃんを観てのこと。

今回は絡めなかったのですが、エチュードや劇団員をしている姿を初めて見たもので、なんだか新鮮でした。

ちなみにワークショップ後の飲み会では、あんずちゃんがブログに書いていた

「がんきゅーなめたい」

という嗜好(それとも思考?)が話題に上り、熱い議論となりました。

ちなみに葛木さんに

「たけさんはどうですか?」

と訊かれたもので

「ありです」

と答えました。

が、経験はありません。

なめるのも、なめられるのも。

今のところは。

どうだろ。

がんきゅー、いいのかなー。

Image512

劇団神馬印宮伸二さん。

げきだんしんばのいんぐうしんじさん。

まったくの初対面でしたが、個性的で面白い役者さんでした。

エチュードを見て

「へー!」

ってなりました。

出演する芝居を観てみたい。

他にも素敵な役者さんが何人も参加していたので、とても実りのあった日でした。

出会いに感謝。

次の日がハードだったもので終電で帰りましたが、昼間の衣装合わせと夜のワークショップの興奮のせいか、なかなか寝つけず、結局2時間くらいしか眠れなかった馬鹿な俺。

2009年8月23日 (日)

映画「SP」の衣装合わせ

Image509_2

東宝スタジオ。

メインゲートにある七人の侍とゴジラを見ると、いつもテンションが上がります。

Image510

昨日の昼間に、出演させて頂く映画「SP」の衣装合わせに伺ったのです。

なにぶん初めての体験で緊張しましたが、波多野貴文監督やスタッフの皆さんが丁寧に接してくださったので、徐々にですがリラックスすることが出来ました。

そして波多野監督とは役と出演場面についてお話させて頂けたので、シナリオを読んで理解できなかったことが色々と腑に落ち、かなりイメージが深まりました。

衣装は用意して頂いたものを8セットほど着て、資料用の写真を撮って頂きました。

最終的に「これで!」といった衣装と小道具が決まったので、こちらも役を演じる上で参考にしたいと思います。

おそらく、俺が無名の映画デビュー役者で浮足立っていたからでしょう。

大変ありがたいことに、波多野監督が皆さんに

「映画は初めてなんだよ」

と、説明してくださいました。

はい、映画童貞です、俺。

いつも大変お世話になっている、助監督の木村好克さん(講師をされているワークショップに毎週参加させて頂いています)にも

「劇団の主宰と作演もやってるんですよ」

とのご紹介を頂きました。

木村さん、フォローをありがとうございました。

そして最後に、衣装室を失礼する際、皆さんに

「失礼します、あの…楽しかったです」

とご挨拶したところ、波多野監督に

「いやいや、撮影はこれからだから」

と苦笑気味に突っ込まれた俺でした。

「楽しかったです」

中学生か!

と、自分でも自分に突っ込みました。

まったく恥ずかしい。

でも本当、衣装合わせですら楽しかった。

このぶんだと撮影当日は相当やばいことになるな。

なので、リラックスして良い集中が出来るように準備を頑張ります。

2009年8月22日 (土)

鴨川シーワールド

Dsc01185

千葉県の鴨川市へと旅行してきました。

Dsc01233

鴨川シーワールド。

Dsc01230

獰猛で巨大なシャチに会いたかったのです。

「水がかかります ご注意ください」

俺、この注意書きをなめてました。

ショーを前から2列目で観ていたのですが、シャチが大ジャンプして、飛び散った大量の海水をもろに被りました。

びしょ濡れ。

でも楽しかった。

さすが海のギャングだ。

マジで格好良かった。

Dsc01289

ペンギン。

Dsc01359

俺。

Dsc01410

亀。

Dsc01446

俺。

Dsc01266

イルカたちが大ジャンプ。

Dsc01252

そして俺。

Dsc01448

最後にクラゲ。

うはー。

おなかいっぱいだー。

海の生き物たちを見てテンション上がったっす。

水族館って素敵だ。

温泉にもゆっくりと浸かれたし、短い夏休みを満喫しました。

2009年8月16日 (日)

映画の出演依頼

とある映画の出演依頼を頂きました。

人気テレビドラマの劇場版といった、かなり大きな企画なもので、関係者の方から打診を頂いた時には

「マジっすか!」

(事務所にも所属していない俺みたいな役者にありえないお話だ…)

といった心境だったのですが、制作部の方から正式にご連絡を頂き、シナリオを読ませて頂いた今、ようやく実感しました。

出演シーンは僅かですが、役名も台詞もありますし、大好きな役者さんと絡めますし、とても面白味のある役どころなもので、ものすごく嬉しいです。

第一にシナリオが素晴らしい。

関係者の方から打診を頂いた時点で、すぐさまAmazonでテレビシリーズのDVDボックスとシナリオブックを買っちゃいました。

この作品の世界に入れるのだと思うと本当に興奮する。

感謝感激です。

撮影はもう少し先の予定ですが、頂いた役についてのリサーチと準備を入念にしておこうと思います。

ああ、夢みたいだ。

ちなみに俺、クスリをやってるわけではありません。

また、この出演依頼のことを母親に報告したところ、大喜びしてはくれたのですが

「あんたね、万が一売れてそっからくすぶったとしても、クスリなんか絶対やっちゃ駄目よ!」

と釘を刺されたもので

「あのね、これまで10年以上もくすぶってんだからさ、今さらくすぶったからってクスリなんかやんないよ!」

と言い返したら

「そりゃそうだ」

と笑われました。

複雑。

兎にも角にも全身全霊で頑張ります。

作品のことについてはまた改めてお知らせさせて頂きます。

2009年8月14日 (金)

HARAKIRIベアーズ「燕のいる駅」の公演を終えて

演出として参加したHARAKIRIベアーズ「燕のいる駅」の公演を終えてから数日が経ちました。

ご挨拶が遅くなり大変申し訳ありません。

本番を観てくださった皆さん、誠にありがとうございました。

HARAKIRIベアーズの皆さん、客演の皆さん、スタッフの皆さん、劇場の皆さん、関係者の皆さんにも心より感謝しております。

とにかく愛すべき座組でした。

個人的な反省は当たり前のように沢山ありますが、後悔はひとつもありません。

この公演に関われて本当に良かった。

今回の経験を糧にして、演劇人として更なる成長を遂げてみせます。

Image483

さて、先日3歳の誕生日を迎えた姪っ子のマイちゃん。

悩んだ結果、誕生日プレゼントは「魔女の宅急便」のDVDとジジのぬいぐるみにしました。

「たーちゃん、ありがとう」

と喜んでくれたマイちゃん、DVDを観たあとに

「ジジにミルクあげたい」

と言っていました。

たまらん。

赤いリボンと黒いワンピースとホウキもプレゼントしたくなりました。

2009年8月 5日 (水)

HARAKIRIベアーズ「燕のいる駅」初日

Image473

@稽古最終日の居酒屋にて

いよいよ今日がHARAKIRIベアーズ「燕のいる駅」の公演初日です。

当たり前のことながら、お客さんに観てもらってなんぼなので、もう遠慮なく劇場に足を運んじゃってください。

今回、相当面白い芝居を作りました。

「超」のつくほどの自信作。

この作品を観なかったら、評判を耳にして大後悔すること間違いなしです。

この座組で再演することはないでしょうし、DVDの販売もないので、この5日間で観ておかないともう、生涯観ることは叶いません。

千秋楽のチケットはそろそろ完売とのこと。

今のところ木金がお薦めです。

さあ!

これを読んだらすぐに、チケットをゲットン!

Image471

@稽古の休憩に行ったうなぎ屋にて

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »