« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年2月23日 (月)

照ちゃんのピザパーティー2

Image002

そして出ました、焼きたてのピザ。

結論から言うとこれ、非常にうまかった。

なんと照ちゃんが生地から作ったという手作りの一品であります。

今回は気をつけたそうだが、以前作った時など、生地を叩きつける音の大きさに驚いて、大家さんが部屋に駆けつけてきたそうだ。

実は、照ちゃん宅のキッチンにはロデオボーイが置いてあるのだけれど、お邪魔した際、ロデオの座るシートの上に、まだ焼く前のピザが1枚乗せてあったのを俺は見つけていた。

なるほど。

あのピザの美味しさの秘密はロデオボーイに違いない。

ロデオボーイのロデオ加減によって、ピザの味が熟成されるのだ。

もしくは照ちゃんがロデオボーイにまたがり、激しくロデオをしながら、ピザをくるくると回したのだろう。

そんなわけがない。

ただロデオボーイの他にピザを置く場所がなかっただけのようだ。

そんなことはともかく、うまいピザだった。

ピザだけじゃない。

サラダ、ハンバーグ、生春巻き、チョコレートフォンデュの全てがうまかった。

あんなにも腹一杯に食べたのは久し振りだったし、みんなと馬鹿話が出来たのも楽しかった。

大満足。

2009年2月22日 (日)

照ちゃんのピザパーティー1

先日、劇団青年座の女優さん、黒崎照(アキ)ちゃんのお宅でピザパーティーが開催された。

俺を含めた計7名がお招きを受けて参加。

Image001

食事の前に、まずは紅茶を頂いた。

パーティーの主催者である笑顔の照ちゃんが、紅茶と共に出してくれたミルクとスティックシュガー。

ミルクはドトールのものだった。

そしてスプーンがなかった。

なので

「あのう、スプーンを…」

とお願いしたら

「あ、そうですよね、あはは!」

と、慌てて出してくれた。

尚、ティーカップの下に敷かれているのは絵画風のランチョンマット。

元々は去年のカレンダーだったそうだ。

リサイクル。

そして部屋にはオペラの曲が流れていたので、照ちゃんに

「なんでオペラ?」

と訊ねたところ、ちょっと照れ臭そうに

「ピザパーティーだからです」

との答えが返ってきた。

つまり、絵画風のランチョンマットとオペラの曲によって、ピザの発祥地であるイタリアの雰囲気を演出していたわけだ。

してやられた。

俺は、そんな小粋な演出に気付けなかったことを恥じた。

つづく。

2009年2月17日 (火)

ムーンライトで会いましょう

Image001

先日の夜に街で見つけて、瞬間的にテンションが上がった看板。

フルーチョの「雨とレインコート」をご覧くださった方が

「ふふっ」

となってくれたなら嬉しい。

俺が演じた松田が、ボーイ(警備員)として働いているスナック「ムーンライト」であります。

実在していたとは。

写真を撮った直後、座組のみんなにメールで送りたくなり、途中までケータイを操作したけれど、なんだか照れ臭くなってやめてしまった。

200901231300000

そんな無駄に自意識過剰の俺とは違って、演出助手をやってくれていた蓮見理(パスコ)が、公演終了後に座組のみんなに送ってくれた写真。

ごはんタイムですね。

楽しい座組だった。

ありがとう、パスコ。

さて、最近の俺は、とある自主映画の脚本を執筆しています。

相変わらず苦しみ呻きながら。

役者として出演もさせて頂けるとのことなので、とても楽しみな企画だ。

今月中に書き上げなくてはなので、頑張ります。

2009年2月15日 (日)

ラズカルズの次回公演についてのご報告

Image9878

先日、新宿でラズカルズのミーティング。

チュウキとはフルーチョの「雨とレインコート」で一緒だったので、稽古場や席が隣同士だった楽屋では、日に一言二言くらいの割合で口をきいていた。

けれど、マジリンを加えての三人で話すのは久し振りのことだったので、ミーティングは妙に楽しく感じた。

「子はかすがい」というが、きっとマジリンは俺とチュウキにとってのかすがいだ。

飯を食いながらの数時間、劇団の活動について、またプライベートの話などをした。

そこで突然ですが、ご報告です。

今年の夏にと考えていたのですが、諸事情により、ラズカルズの次回公演は未定となりました。

恥ずかしながら「充電」などといった格好の良いものでは決してありません。

現時点の我々の劇団体制では、演劇の公演を成立させることが難しいとの判断からです。

「落花」よりの次回作を楽しみにしてくださったお客様には大変申し訳のない次第ですが、何とぞご了承ください。

これまで以上に素敵な芝居を作るべく、精進して参ります。

2009年2月11日 (水)

野獣、片付けるべし

俺の部屋はひどい有り様だった。

本当に。

服やら書類やら何やらが多過ぎて床が見えず、足の踏み場もほとんど無く、寝床の周りにかろうじて歩けるくらいの隙間が存在しているのみだった。

「けもの道」

寝床周辺の隙間を見た者が、そう名付けたとしても反論の余地は無かった。

部屋の状態は、そこに住む人間の精神状態を反映しているという。

確かに俺の精神状態はとっ散かっていた。

身の回りにおける数々の問題から目を逸らし、ひたすら逃げ惑っていた。

「生活」という名の戦いに疲れ、けもの道を歩き、寝床に着く一匹の雄。

そう、もはや精神的な意味合いにおいて俺は「野獣」といっても過言ではなかったのだ。

危険。

このままじゃいけない。

このままじゃいけない。

そう感じながらも

「部屋の片付けなんて放っておけ」

「俺には他にやるべきことがあるのだ」

などと言い訳ばかりで散かし放題の日々。

そんな駄目な日々からは一刻も早くおさらばしなければ。

と決意して昨日の午前中。

ついに一匹の野獣は目覚めた。

そしてケータイの目覚ましを止めた。

二度寝。

このままじゃいけない。

このままじゃいけない。

僅かに残された理性から、呪文のようにそう呟き、数分後に再び目覚めた俺には、もう前しか見えていなかった。

飯を食らい、おもむろにマスクを装着。

ごみ袋をバサっとやり、部屋の片付けを開始したのだった。

没頭。

たとえば狩り。

狩りに出るまではうだうだしているが、いざ獲物に狙いを定めるともう全力で走り続け、どうにも止まらなくなる性分の雄ライオン。

それがこの俺。

で、午後3時頃。

Image9873

野獣の棲家。

まだまだ散らかってはいるが、この状態にするまでに、すでに4時間ほどが経過していた。

途中、探していたのにずっと見つからないでいた、パソコンでDVDを再生するソフトを発見。

以前に間違えてアイインストールしてしまったのだ。

嬉しくて野獣、しばし小躍り。

そしてさらに2時間が経過した。

どん。

Image9874

すっきり。

どうですこれ。

あたしゃ一匹の野獣から一人の人間に戻れた気がしましたね。

ディズニーの「美女と野獣」における、呪いが解けたぞーって感じ。

ここまでするのに、ごみ袋8枚使いましたからね。

もう、ごみ多過ぎ。

大杉蓮。

なんでだろう。

あの役者さんのことは好きなんだけど、何故かいつも「なんて名前だったっけ…なんて名前だったっけ…」って気持ち悪くなるんです。

あと曲名は知らないけど、かつてブルーハーツも歌ってましたね。

「要らないものが多過ぎるー、要らないものが多過ぎるー」

つまり、俺の部屋には要らないものが大杉蓮だったということですね。

これだけ無駄に長く書いて最後は駄洒落。

2009年2月 5日 (木)

フルーチョ「雨とレインコート」の公演終了!

Image9851

フルーチョ「雨とレインコート」が公演を終了致しました。

観に来てくださった方々、座組の皆さんに心より感謝致します。

写真は公演2日目の1月29日に誕生日を迎えた、鈴木貴子ちゃんの誕生日サプライズの時に撮ったもの。

前列の右端のダブルピースが今回の作演出の熊さん。

熊坂貢児 (フルーチョ/演劇ユニットsmokers)

Image9853

鈴木貴子 (劇団青年座)

貴ちゃんはキャスト最年少とは思えないような、細やかな気遣いの出来る女優さん。

千秋楽にはみんなにプレゼントと手紙をくれたりしました。

Image9857 Image9844

俺が演じた松田という役。

嫌な奴というか、女の敵というか、困った奴でした。

稽古中には沢山悩みましたが、本番ではとても楽しく演じられました。

演劇ってやっぱり面白い。

今回の経験と反省を活かして、役者として、もっともっともっと成長したいです。

Image9856

荻さんはキャスト最年長とは思えないような、可愛いブラジャーを着けた役者さん。

ブラジャーは、あくまで役の上でのことですが。

Image9858 Image9859_2 Image9860

荻山博史 (演劇ユニットsmokers) / 佐藤宙輝 (フルーチョ/ラズカルズ) / 栂村年宣 (BQMAP)

バラシと打ち上げの間に寄ったカレー屋にて。

Image9864

古市海見子 (メタリック農家) / 佐藤恭子 (カムカムミニキーナ) / 吉牟田眞奈 (THE SHAMPOOHAT)

打ち上げにて。

090201_212602

Photo

フルーチョ第7回公演

「雨とレインコート」

2009年1月28日(水)~2月1日(日) 高円寺 明石スタジオ

【作・演出】 熊坂貢児

【出演】 (50音順)

荻山博史 (演劇ユニットsmokers)
佐藤恭子 (カムカムミニキーナ)
鈴木貴子 (劇団青年座)
栂村年宣 (BQMAP)
古市海見子 (メタリック農家)
松本たけひろ (ラズカルズ)
吉牟田眞奈 (THE SHAMPOOHAT)

佐藤宙輝 (フルーチョ/ラズカルズ)
熊坂貢児 (フルーチョ/演劇ユニットsmokers)

【お問い合わせ】 J-Stage Navi 03-5946-4880

Razcalslogo

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »