« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月24日 (火)

webラジオ出演のお知らせ

先日、マジリンと二人でTALK HARD!ENTERTAINMENT(トークハード エンターテイメント)インディーズ・プラネットというコーナーにゲストとしてお邪魔させて頂き、ラズカルズのことや、旗揚げ公演「火取り虫」のことを色々とお話させて頂きました。

緊張。

しかし、パーソナリティーの堀江一眞さんと根守まみこさんという素晴らしいコンビのリードに助けられ、マジリンと違ってド素人の俺も、最後のほうはリラックス・トークすることが出来ました。

・・・出来たのか?

まあ、あくまで俺なりにですけどね。

あーあ、もっと知的に面白く話が出来たらなあ。

稽古場で演出している時もですけど。

いやはや、一眞さんは男前だし、まみこさんは可愛いしだったので、変なプレッシャーを感じましたね、なんだか。

音響スタッフのABE TSUKURUさんも癒し系で素敵な方。

初対面ながらも、なんだか昔から知り合いだったかのような空気を作ってくださいました。

兎にも角にも、是非ぜひ、お聴きになってみてくださいね!

2006年10月21日 (土)

全力で

台本の一稿目が上がった。

やっと!

ラズカルズのみんなには、あれこれ相談をしまくり、本当に助けてもらいました。

客演の方々には、大変お待たせしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

まだ更に推敲の余地が残されていますが、基本的なラインはばっちり見つかったので、太く、深く、面白く作って参ります。

うひー!

睡眠時間がもう、おかしなことになってる。

いやはや、台詞、覚えなくては。

芝居で使う曲、探さなくては。

DM、俺だけまだ発送できていない・・・

まあ、色んな仕事がありますが、今は稽古場に行くのが楽しくて仕方ない。

とにかく、全力疾走で本番に突入だ。

そういえば誰かが稽古場で、全力失踪とか言ってたな・・・

俺、決して逃げません。

戦います!

2006年10月12日 (木)

台本書き、稽古、舞台セットのタタキ作業でもう充実過ぎるくらい充実だ。

とくかく稽古が楽しい。

今までの作品とはまた、違った空気感を持ちつつあると思う。

キャスティングも大きい。

岳大さん、恭子さん、澤さん、花井さん、竜ちゃん、桃井さん。

皆さんに触発され、芝居が膨らんでいる。

人間的にも大好き。

もしも時間が許されるなら、一日中でも稽古していたい。

ラズカルズのメンバーの支えも大きい。

マジリン、エバちゃん、チュウキ。

まだまだ頼りない主宰だけど、劇団を作って本当に良かった。

劇団愛というか、なんというか、そんな照れ臭いものが育まれております。

劇団でしか味わえないことって、やっぱりあるんだなあと感じている。

なかなか忙しくて、最近はメンバーだけのコミュニケーションが取れずにいるので、少し稽古が安定期に入ったら、四人でゆっくり、ご飯でも食べに行こう。

・・・俺は新婚夫婦の旦那か。

さあ、なにはなくとも台本だ。

俺、こればっかりだ。

登場人物たちの行く末を、早く、あの素敵な役者さんたちに演じてもらいたい。

あと、俺も早く演じたい・・・

作、演出に、役者がプラスされる、その日まで。

それからお知らせです。

岳大さんがブログを開設されました。

坂本岳大の解ってたまるか!

ご本人のお人柄がモロに反映されているブログだと思います。

是非、遊びにいってみてください。

2006年10月 6日 (金)

「火取り虫」稽古4日目

徹夜で台本書き。

朝、所用の為、ウチの車を取りに来たチュウキを送り出し、仮眠。

小道具などの準備をし、凄い雨の中を稽古場へ。

道に迷った…

稽古、楽しいっす。

今日は二場の始めから、二場の四分の三くらいまでやった。

そして、昨日、お誕生日だった桃井大樹さんのお祝いを、サプライズケーキで。

ちなみに桃井さん、稽古場の片付けをしている最中に、突然、電気が消えたもので、

「誰だよもう、片付けしてんのにさー」

と、カチンときていたのだそう。

笑った。

きっと、カウンターパンチが効いたんだろうなあ。

ケーキの蝋燭を吹き消した桃井さん、

「こんなこと初めて!」

と、とっても喜んでくれて、まるで少年のようでした。

一つ、歳を重ねたにも関わらず。

その後、チュウキの運転する車で、ウチの近所の坂本岳大さんと三人で帰宅。

おしゃべりをかましつつ、一時間半ほどのドライブ。

岳大さんをご自宅までお送りし、チュウキと二人、ファミレスで食事。

で、朝六時起きだと言う奴をウチに泊め、台本書き。

そう、まだ最後まで書き上がってないのだ。

あっさりと眠りにつく奴が憎い。

さ、頑張ろう!

2006年10月 5日 (木)

「火取り虫」稽古3日目

チュウキを隊長にラズカルズ四人で稽古場にバミリをした。

本日より、立ち稽古開始。

自分が書いた台本の登場人物たちが、役者さんたちに演じて頂くことにより次々と目の前に出現していく。

めちゃくちゃ嬉しい。

いつもながらこれは、作家としてはとても感動的な瞬間だ。

気持ちが高揚し、久々に食欲が湧いた。

単純だなあ、俺。

稽古場での一瞬一瞬を大事にして、痩せ過ぎないように気をつけよう。

キャストの皆さんがとても温かく、面白い方たちなので、我々ラズカルズ一同、本当に助けられております。

このまま一丸となり、本番目指して頑張るぞ!

2006年10月 3日 (火)

ラズカルズ

Memberphoto_2

ラズカルズ

入交恵、江原里実、佐藤宙輝、松本たけひろの4人の役者により、20058月に結成。

客演を招く劇団として活動。

作、演出、主宰でもある松本たけひろの作品の特徴は、社会的に「負」のものとして捉われがちな事柄、または人間をモチーフとしながらも、登場人物たちの背景や関係性から生まれる切実なドラマの中に、ユーモアと哀しみを見い出し、その独自の視点、世界観により「人間賛歌」の物語として表現するところにある。

2006年10月 1日 (日)

ラズカルズvol.1「火取り虫」前売チケットの発売開始

ついに本日、10月1日(日)AM11:00より、ラズカルズvol.1「火取り虫」の前売チケットを発売開始いたします。

全指定席となっておりますので、どうぞお早めにお買い求めくださいませ!

ラズカルズvol.1 旗揚げ

「火取り虫」 ― 本能に縛られて ―

あたしはラーメン屋だ。
両親の店を継いだのだ。
駅前に広がった歓楽街に小さな店を構えている。
味はなかなかのものだ。
立地も悪くない。
生き甲斐とまでは言わないが、働くことは好きだ。
ひたすらに身体を動かしていれば余計なことを考えないで済むからだ。
駅前の雑居ビルや風俗店などにも、しょっちゅう出前をしている。
ゴン、ゴン、ゴン。
食器の洗い物も捨て難い。
けれど、あたしの心が一番に落ち着くのはスープの仕込みの時だ。
豚骨を金鎚で砕くと頭の中がすっきりする。
それはきっと、ラーメン屋の血だ。
弟にも流れていたはずの、血だ。

■作・演出 松本たけひろ 

■キャスト 

坂本岳大 (劇団 昴)
佐藤恭子カムカムミニキーナ
澤唯 (projectサマカトポロジー
花井京乃助 (ザズウ)
林竜三
桃井大樹

入交恵 (ラズカルズ)
江原里実 (ラズカルズ)
佐藤宙輝 (ラズカルズ)
松本たけひろ (ラズカルズ)

■スタッフ

舞台美術  … 向井登子
照明     … 山浦恵美
音響     … 橋本絢加
舞台監督  … 甲賀亮(×突貫屋)
宣伝写真  … 永田理恵
制作     … 三沢一世
企画・製作  … ラズカルズ
協力     … 劇団 昴 カムカムミニキーナ projectサマカトポロジー

■劇場 中野 劇場MOMO

JR中央線/地下鉄東西線・中野駅南口より徒歩5分
東京都中野区中野 3-22-8(劇場ザ・ポケット隣り)
駐車場はございません。車、オートバイでの御来場は御遠慮ください。

劇場MOMO 事務所 TEL 03-3381-8422
ロビー TEL 03-5385-9080(当日のみ)
http://www005.upp.so-net.ne.jp/thepocket/

■公演日程 2006年11月9日(木)~11月13日(月)

■タイムテーブル

11月09日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)14:00/19:00
11月12日(日)13:00/18:00
11月13日(月)14:00

開場は開演の30分前、受付は60分前より開始。
客席内での飲食喫煙、未就学児童の入場は御遠慮ください。
開演時間より遅れていらした場合、御予約されたお席に御案内できない場合があります。

■料金(全指定席)前売3,000円 当日3,200円

■チケット取り扱い

10月1日(日) AM11:00より発売開始

電話予約 … 080-6569-5553(24時間)
メール予約 … razcals@mail.goo.ne.jp(24時間)
インターネット予約 … http://www.razcals.org(24時間)

御予約の際には、お名前、希望日時、枚数、御連絡先をお伝えください。折り返し、こちらから確認の御連絡を致します。
前売予約は予約日の前日まで可能です。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »