« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月19日 (木)

大迫洋志

大迫くんが逝ってしまったことで、いくら願っても取り戻せないことがあるのだと知った。

俳優教室の後輩で、同い年だった大迫くん。

三度、芝居を共にした。

「見よ、飛行機の高く飛べるを」では、役者同士として。

「ハチの巣」では、俺が作・演出、大迫くんが役者として。

「女水戸黄門」では、大迫くんが作・演出、俺が役者として。

出会ってからは二年と少しだけど、全てが大きな思い出だ。

芝居の稽古と本番の苦楽を共にし、沢山のタタキ作業も一緒にやった。

役者として変にぎこちない演技をするかと思えば、真似できないほど柔らかい表現をした。

ラーメンが大好きで、彼が好きだと言う店で食べる為だけに、わざわざ待ち合わせして行ったこともあった。

カラオケも大好きで、己の全てをさらけ出す自己表現だとすら言い、弾けていた。

ルパンの物真似が上手かった。

鹿児島の言葉でするダメ出しが大好きだった。

ひねくれた冗談ばかり言うかと思えば、驚くほど真面目で繊細だったりした。

煙草はPeaceで、ライターは使わずにマッチだった。

冬でも雪駄を履いたりして、手拭いをジーパンの後ろポケットからぶら下げていた。

俺と同じで痩せていた。

綺麗な黒髪だった。

多くの友達に愛されていた。

俺はつまらないところでライバル意識を燃やす男で、ただ同い年だというだけで、大迫くんに対して変な距離があったように思う。

彼も俺に対してそういう意識だったのか、それとも、俺がそんな意識だったからか、どちらかはわからないけれど、とにかくそんな距離があった。

その距離を壊そうとしてくれたのは大迫くんだった。

時々、人と深く関わることから逃げてしまう俺に、こちらが恥ずかしくなるくらいの芝居への理想を語り、相談に乗ってくれ、励ましてくれた。

ありがとう。

心の底から感謝します。

もっと話したり、一緒に芝居をしたかった。

もっと俺からも近づけば良かった。

そんな気持ちを後悔だなんて呼ぶと、大迫くんに面倒くさがられそうだから嫌だけど、今はそんなことばかり考えてしまう。

また大迫くんの時代劇がやりたい。

演じ手として感動したのなんて、あの芝居が最初で最後になるかもしれない。

俺がそっちに行ったら、絶対にキャスティングして、また熱い演出をしてください。

楽しみにしています。

2006年1月 7日 (土)

新宿フォー!

昼間、新宿西口にあるコーヒーショップで台本書き。

そのお店ではノートパソコンのコンセントを繋がせてもらえる為に、長時間の遠征が可能なのです。

ありがたや。

喫茶店やファミレスだと、かなりの割合で断られてしまうもので。

窓際にあったカウンター状の席で、集中して書き書き。

驚いたのは、ふと顔を上げて窓の外、車道の向こう側を見たところ、レイザーラモンHGが歩いていたこと。

フォー!

テレビのロケらしく、その撮影クルーの方たちと野次馬の人々を引き連れてました。

俺にとって、今年初めて生で見た芸能人。

驚きの余り、頭の中で彼のテーマソングが流れ出しました。

♪ア~チ~チ~ア~チ~

何故か郷ひろみのカヴァーバージョンで。

しかし寒そうな格好でした。

フォー!とか、腰カクカクとか見たかったな。

2006年1月 6日 (金)

メシを食え

近頃ですね、久々に会う人会う人に、

「痩せた?」

などと言われてしまいます。

むう。

食べるという行為自体はすごく好きなのですが、ついつい不規則な生活を送ってしまい、食事を抜いてしまうのが俺の悪いところ。

一日二食ならばまだいいほうで、一日一食の時もあったりして。

「メシ食う暇あったら寝たい!」

とか思ったりしちゃうのです。

やばいかもよ?

などと、俺的健康管理委員会より警告のお達しが出たもので、本日の昼食時にはさっそく、外出ついでにお肉を食らいました。

ステーキ。

いえ、別に高いやつではなくて。

美味かったっす。

いよーし、今年はいっちょ太ってみるか。

ガツガツいかせて頂きます。

んでは!

2006年1月 1日 (日)

戌年の始まり

皆さん、あけましておめでとうございます!

昨年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

「2006年」

「戌年」

「平成十八年」

やって参りましたねー。

新しい一年の始まる日、元旦という日はやはり、気が引き締まります。

そして正月特有の食べ物、お雑煮を食べられて大満足な俺

いやはや、今年は一体どのような一年になるのでしょうか。

充実なものにしていきたいなあ。

個人的なテーマとしては、

「集中」

これでいこうと思っております。

良い集中は大事だ。

近頃、そう感じることが本当に多いもので。

うし、アンテナをびんびんに張ることで、色んなことを吸収してゆくぞ。

それでは皆さん、素敵な一年になりますよう!

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »