« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月29日 (木)

健康法

最近、なんだか眠りが浅い。

今までの俺では有り得なかったことなのですが、アラームをセットした時間より一時間も早く目覚めてしまう、なんてことが起こっているのです。

悪夢のせいで。

たとえば、芝居の稽古初日に台本を家に置き忘れて来てしまい、稽古の開始時間が迫っているにも関わらず、そのことを誰にも打ち明けられずにいる。

誰かに台本を借りて、コンビニでコピーしたいのに!

うあああああああああっ!

そんな悪夢です。

もう、汗びっしょり。

あとは、台本書きが締切に間に合わないっ!

だとか、

全く稽古してないし台詞も入ってないのに初日の開演直前の舞台袖にいるっ!

だとか、

出番前に大事な小道具を楽屋に忘れたことに気づいて慌てて取りに走るが何故か楽屋が超遠いっ!

だとかいう、最悪の夢ばかり。

何故だ?

俺が見る芝居関係の夢は、必ずといっていいほど悪夢。

しかしですね、不思議なことに睡眠時間が減っても、悪夢で目覚めた時のほうが身体の調子がいいのです。

むー。

大量の汗をかくことにより、新陳代謝が良くなるのでしょうか。

「松本式健康法 朝は悪夢で目覚めよう!」

嫌だなあ、そんなの。

でもま、起きる時間が早まることで、使える時間が増えるのだから良しとします。

前向き前向き。

2005年9月24日 (土)

サーフィン、或いは金斗雲

朝、バスに揺られておりました。

座れる座席もあったのだけれど、降りるはずの停留所を寝過ごしてしまいそうだったもので、立って、両手で吊り革にしがみついた状態で。

本当、わたくし、朝に弱いのです。

いかん、立ったままでも寝てしまいそう、だ。

などとフラフラしつつ、ふとバスの進行方向へと目をやると、様々な景色が流れ去ってゆきます。

むう、それにしても朝日が憎いぜ。

しかし、なんだろう、この感覚は。

ふと両手を吊り革から離し、両腕をこう身体の横に広げ、両足の膝を若干曲げたポーズを取ってみました。

サーフィン。

やったことありません。

金斗雲。

現実には存在しません。

しかし、金斗雲に乗っている気分で、バスの揺れに合わせて前後左右にバランスを取っていると、平凡な日常のひとコマが、なんと新鮮に感じられることでしょう。

当たり前の景色が、なんと爽快に感じられることでしょう。

キュイーン!

うっはー、コイツすっげぇ、はえっぞー!

オッス、オラ悟空!

あはははは!

あはははは!

あはははは!

あは・・・

あーあ。

子どもが見てた。

しかも真顔。

・・・・・・

わたくし、静かに姿勢を正し、ブザーを鳴らして、金斗雲から現実の世界へと降りてゆきました。

くそ、子どもめ!

あんな目で大人を見るもんじゃないよ。

ふん、まあいいさ。

今度は電車でやってみることにしよう。

キュイーン!

2005年9月15日 (木)

遭難

当サイトから、ワンゲル写真館が消滅してしまいました。

何故だ。

仕方なくGoogleで検索してみたところ、同タイトルのページがたくさん引っ掛かりました。

やはり、登山部のものばかり。

我ながら安易なタイトルをつけたもんだと少々がっかり。

それはさておき、インターネットという名の険しい山で遭難したワンゲル写真館。

どうなる?

ってまあ、あっさり発見したのですが、救出までは至りませんでした。

どうやって設定し直せばいいのかが、さっぱりわからないのです。

なので、谷底に放置したまま。

急いで救助に向かったけど、現場に着いた瞬間、素人だったことに気づいた。

そんな感じです。

また迎えに来るからね~!

飛び去るヘリコプターの中から、涙ながらにそう叫びました。

悔しいっす。

2005年9月14日 (水)

プロットを作っていて

足し算ではなく、引き算によって見えてくることもあるのかもしれない。

そんな発見がありました。

2005年9月 4日 (日)

こもる

大雨が降ったりやんだりの日。

雷もゴロゴロ鳴ってましたね。

外に出たのは、晴れてる隙に煙草を買いに走った時くらい。

えー、みなさんはいかがお過ごしだったでしょうか。

わたくしは現在もプロット作りに励んでおります。

あとですね、HPを少しだけいじってみました。

まあ、気分転換です。

ふー。

涼しくなりましたね。

今日の雨で夏は終わりかなあ。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »