トップページ | 2003年7月 »

2003年6月30日 (月)

イキザマ

ギンギラギンでありながら、さりげなく生きる。

そういう人がたまにいます。

カッコイイなあ。

2003年6月29日 (日)

p0m-pa-doll vol.6

午前中には制作的作業をバリバリとこなし、夕方、原宿に行ってきました。

高校の時の先輩でもあるp0mさんが、「SEE MORE GLASS」というカフェで、オリジナル一点ものの、キッチン小物の展示会をやっていたからです。

「おかあさん、はやくー」

展示会のタイトルです。

全てが手作りで、鍋つかみやコースターなどに独特のイラストが描かれている作品や、これまで発表された作品をp0mさん自身が公園などに持ち込んで写真におさめ、アルバムにしたものが展示されていました。

そのアルバムの中には去年の暮れの展示会に出品されたマフラーの写真もありました。

とても素敵なマフラーだったので、僕はカフェの中をぐるりと見回してから、

「今回、このマフラーは置いてないんですか?」

と伺ったところ、

「うん、もう夏だからね」

と、やんわりと答えられてしまいました。

ああ、恥ずかしかった・・・

カフェには面白そうな絵本もたくさん置いてあり、そちらにも興味を惹かれました。

僕がお邪魔したのは二回目だったのですが、作品そのものはもちろん、p0mさんの人柄が良く表われていて、暖かな空気間に包まれた展示会となっていました。

2003年6月28日 (土)

制作ミーティング

朝、制作協力の伊藤悦子さんとミーティング。

今回のお題はプレイガイド以外のチケット販売方法、新聞などへの情報掲載、予約してくださるお客様への対応方法、雑談、などです。

えっこさんは制作経験がとても豊かなので、制作以外のことでも色んな話が聞けます。

雑談の中でも、

「へー!」

というのがたくさんあって、とても楽しいのです。

8月上旬には東京の異常な夏の暑さに耐え、芝居の稽古に励んでる僕たちを尻目に、国内と海外を悠々と旅する予定だそうです。

静岡とグアム。

「なんだそりゃ」

と言いたくなる取り合わせです。

しかし、すごくお世話になっているので、そうは言わないでおきました。

そしてミーティングが終わり、えっこさんは、

「習い事として通っていたお習字を辞めに行く」

と言い、駅のホームへと去って行きました。

次にお会いするのは稽古初日。

宜しくお願いします。

さて、チラシを様々な場所に配り始めました。

見かけたら是非、お手に取って見てみてくださいね。

2003年6月27日 (金)

スルー

また、やってしまった。

電車に乗っていて、ちょっと考え事をしていたら、駅を四つ乗り過ごしです。

最近、道もよく通り過ぎます。

週に三回は曲がるような角を50メートルくらい平気で行き過ぎてたりしますもの。

やばい。

なにかの前兆でしょうか。

それともやはり、緊張感の欠如でしょうか。

まあ、人に迷惑を掛けなければいいのですが、それが理由で何度も遅刻してしまっているのです。

もちろん、待ち合わせてる相手には謝るのですが、言い訳というか、理由を説明するのがきつい。

「あのう、ちょっと考え事をしてまして・・・」

これが真相なのですが、なんだか嘘くさいので、つい、

「あのう、えっと・・・寝坊しました、すいません!」

などと言ってしまいます。

なんなんでしょう。

もう嫌だ。

明日からもう、絶対に遅刻しません。

2003年6月25日 (水)

慣れ

新宿のTSUTAYAで会員証をつくりました。

その時、僕に対して接客にあたってくれたのは若い女性店員さんで、胸につけた名札には「実習生」と書かれていました。

その店員さん、会員になるにあたっての注意など、色々と説明してくれるのですが、ことごとくつっかえてしまうのです。

「ごり、あ、ご利用になられる期間、や、えー、金額にちが、え、あ、違いがござ、ござれ、あ、ございますので・・・」

カミカミ。

説明が良くわからない感じになっていました。

おそらく彼女自身でも。

そして、隣りで他のお客さんの相手をしている先輩店員さんも、心配なのか、チラチラとこちらの様子を伺っていました。

その視線がまたプレッシャーとなってしまい、彼女はもう、いっぱいいっぱいです。

ようやく彼女は、顔を真っ赤にしながらも、なんとか僕に会員カードを渡し、説明を終え、お辞儀をしました。

僕は「どうも」と言って、その場を去りました。

いやしかし、全然悪い気分にはなりませんでした。

その店員さん、確かに要領は得ないし、カミカミだし、笑顔も引きつってしまっているのですが、ああ、こういうのって大事だなあ、と思ったくらいです。

とにかく、伝えようという気持ちが伝わってきたので。

一生懸命に。

大抵、接客している店員さんって、ただ言葉だけをすらすら言ってるだけで、目なんか死んでることがざらですもん。

でも人間、慣れてくるとそうなっていくんだよなあ。

人に対しても、物ごとに対しても。

もちろん、僕自身もそうです。

「慣れ」って怖い。

あの店員さんが、変な意味で仕事に慣れないで欲しいと、帰り道を歩きながら思いました。

さてさて、今日、いいことがひとつありました。

チラシの完成。

やった!

2003年6月22日 (日)

あたりは壮大な森

見上げた空ではたくさんの鳥が飛んでいて、20メートル四方の水の上で、僕は浮かんでました。

「バシャバシャ」と泳いでみるのですが、段々と身体が重くなってきて、沈んでいきます。

必死になって浮かび上がろうとするのですが、沈んでいきます。

水を透かした向こうに、深緑色の森が見えます。

段々と息ができなくなり、とうとう目の前が真っ暗になってしまいました。

そんな夢を見ました。

きっと、子どもの頃だったらオネショしてました。

2003年6月21日 (土)

和風

ドトールでコーヒーを飲んでいたのです。

ふと前を見ると、向かい側の一人がけの席で、70歳くらいの女性がミラノサンドCを食べてました。

正座で。

しかもスカート。

行儀、いいのでしょうか。

2003年6月19日 (木)

昼飯

野菜。

なんだか野菜がすごく食べたいです。

あとパン。

そしてコーヒーを飲むと思います。

外食です。

さて、今日、ひとつ贅沢をしました。

それはマッサージです。

もう、ふくらはぎのだるさが限界だったものですから。

ここのところずっと、台本書きや公演の準備で寝不足続きだったので、それがたたったんだと思われます。

最寄りの駅の中にあるお店だったのですが、実は僕、マッサージ初体験。

受付で15分の部分マッサージをお願いして、少し緊張しながらベット、あれはベットでいいのでしょうか?

とにかく、あそこにうつぶせになって寝て、ほぐしてもらいました。

結果から言います。

最高。

確かにあれはくせになりそうです。

すごく気持ち良かったので。

でも、マッサージ師さんともお話したんですが、運動やストレッチをして血液の循環を良くすることで、筋肉のだるさや張りはだいぶ軽減されるとのことです。

なるほど。

身体を動かすことは好きなほうなので、これからは時間をかけてほぐしたりしていきたいと思いました。

2003年6月18日 (水)

チラシ

印刷会社に行きます。

チラシのデータを入稿するためです。

webサイトに載っているのはまだデータ上だけのものであって、実際にはまだ存在してない段階なので、早く刷り上って欲しい気持ちでいっぱいです。

このチラシ一枚作るのにも、かなりの時間をかけているもので。

入稿が上手くいけば、今月の終わりには納品される予定です。

納品され次第、「DM」としてお送りしたり、下北沢や新宿などの劇場、または居酒屋さんに「置きチラ」や「吊りチラ」をしていったり、色んな公演の当日パンフに「折り込み」をしていくわけです。

実はこれ、結構大変な作業なんです。

そして、それらの作業をしてるといつも不安に思います。

「自分たちこと知らなくても、チラシだけで観にきてくれたりするのかな?」

ジャケ買い。

そんな方々がいたら最高です。

もちろん僕らをご存知の方々にも一刻も早くお届けしたいです。

ある意味、作品なのですから。

ああ、チラシが待ち遠しい。

2003年6月17日 (火)

雨降り。

もう本格的に梅雨ですね。

昔からそうなのですが、朝目覚めた時に、窓の外から雨の音が聞こえてきたりすると、少し淋しい気持ちになります。

なんとなくですけど。

僕は出掛ける時には大抵、折り畳み傘をカバンに入れて歩きます。

出先で急に雨が降り出した時に、コンビニとかキオスクでビニール傘を買いたくないからです。

それなのに、雨が降る日に限って家に忘れたりします。

前の日も雨だったりするともう、かなりの確率で。

こんなことがよくあります。

出先で急に雨が降リ出して、

「よし、今日はちゃんと持ってるぞ」

などと、カバンの中を手探りします。

「あれ・・・?」

ないのです。

しかも、傘の袋だけが入ってたりします。

「中身は!」

と、カバンごと地面に叩きつけます。

そして、泣く泣く例のビニール傘を買うはめになるのです。

あ、あと、ビニール傘って傘置きなんかにさしておくと、他人のと取り替えられてたりしませんか?

アレも本当に許せません。

2003年6月16日 (月)

立体化

先日、美術の向井登子さんと舞台監督の齊藤葉子さんと二回目の美術打ち合わせをしました。

もちろん、8月の公演の為です。

そして、舞台セットの図面とスケッチをいただいて感激しました。

僕がイメージして台本に書いたもの、それをさらに三人で色々とアイデアを出し合って発展させたものが、具体的な形になっていくのを感じたからです。

こんなふうに、お芝居がより効果的に、お客さんに伝わるようにと頭をひねったり、想像力を働かせることはとても楽しい作業です。

イメージからの立体化。

稽古場でも、その連続であることを期待してます。

そうして、みんなで本番を迎えたいと思いました。

僕のまわりでは、呼び名が色々と略されています。

名称を略されるというのも、あだ名やニックネームみたいに、愛着を持ってもらえるような感じがして嬉しいものですね。

「ワンダーフォーゲル」

「ワンゲル」というのが一番多い気がしますが、他に聞くのは「ワンフォー」、「フォーゲル」、「ワンダー」です。

あと、このユニット名の意味なんですが、一般的なとらえられ方は「山登り」かと思われます。

部活やサークルでも良くあるアレです。

でも僕は、「青少年集団山河徒歩旅行」と「渡り鳥」という、二つの意味から名づけました。

このプロデュースユニットの名称にふさわしく感じられたからです。

なにとぞ、御贔屓にお願い致します。

2003年6月14日 (土)

初もの

Suicaを初めて買いました。

本当に今さらなんですが、ドキドキしながら自動発券機で手に入れました。

ずっと、なんとなく面倒で持っていなかったのですが、誰かと一緒に電車に乗ろうとする時、改札口に相手を待たせ、切符売場に行くのが申し訳なくなったのです。

で、Suica購入。

あのモニターに名前や電話番号を入力するのがやっかいでした。

タッチパネル。

あのモニターに、文字と数字を入れられなくて、ずいぶん長い間、機械の前に立っていました。

そうして変な汗をかきながら、ようやく出来上がった僕のSuica。

定期なのですが、千円だけチャージしてみました。

この僕が・・・チャージ。

初心者のくせに、財布の中に仕込んだりもしてみました。

さあ、あの改札で「バタン!」とならずに通過することが出来るのだろうか。

「Suicaタッチ!」

叫びました。

もちろん心の中で。

通れた。

やった。

勝った。

誰に?

そう、自分自身にです。

ある意味、大人への儀式でした。

そんなわけで、これからは皆さんを待たせずにすみそうです。

2003年6月13日 (金)

ご挨拶

初めまして。

まだこのワンダーフォーゲルのwebサイトに遊びに来てくださる殆どの方が、すでに僕のことを知っていたり、友人だったりするわけですが、敢えてそう言ってみました。

こうして、このwebサイトを皆さんに公開できることを本当に嬉しく思います。

これから各コーナーに、ワンダーフォーゲルの公演情報、僕個人の活動情報などを色々と載せていくつもりです。

是非、皆さんのお気に入りに登録してください。

そして、

「最近はどうしてるのかな?」

と、ちょくちょく遊びにいらしたり、掲示版に書き込みなどもして頂けたらもう、最高に嬉しいです。

そして、この主宰日記。

「主宰日記」と銘打ったからには毎日更新するもの。

などと自分自身に言い聞かせてもみますが、何事も最初からルールを決めてしまっては面白くありません。

良い意味で適当に、楽しんでやっていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

トップページ | 2003年7月 »